日曜日の夕方、買い物から帰宅して少し休んでから、結婚式場の無料見学会へ行ってきました。

前日の夜にY君の奥さんのKさんに結婚式の事を少し相談していて、式場見学等の話になり、

「Kさんが以前勤めていた式場に明日行ってくるんだ」

と話したら、前日に話したにも関わらず式場に俺とKを紹介してくれました。

駐車場に車を停めて、フロントに行こうとしたら下りる階を間違えるというアクシデントがあったけれども、無事にフロントに到着。

フロントで受付をして、Kさんが紹介してくれたスタッフさんが色々と結婚式の予定や人数等の話を聞いてくれました。

20180225 (6)

「どんな結婚式にしたいですか?」

と聞かれたけれども、まだ細かい事が決まっていないので漠然とした事だったけれども、何となく分かってくれたのかな?

予定日や人数の事を相談して、館内を案内してくれました。

チャペルに案内してくれたのだけれども、Kの表情がかなり綻んでいて、結婚式がかなり待ち遠しそうでした。

県外から友人や親戚が来る予定なので、色んな事が出来そうなので、色んな面でかなり助かりそうな感じがしました。

最後に結婚式の際に出してくれる料理を出してくれたのだけれども、色んな緊張から開放された気がしました。

緊張から開放され過ぎて、料理の味を忘れてしまった・・・。

20180225 (8)20180225 (9)

それでも、「あんな事やこんな事をやってみたい」っていうビジョンが見えてきそうな気がします。

いろんな事を決めなきゃいけなかったり大変だけれども、二人で頑張らなくちゃ!!
関連記事