昨日は「土用の丑の日」という事で、Kにのかば焼きを買ってきてもらいました。

国産品を予約して貰っていたのだけど、お値段を見てビックリ!!Σ(・ω・ノ)ノ!

1匹約3,000

値上がりの原因は、「稚魚の不漁に端を発した成魚の出荷価格の高騰」という事なのだけど、本当に高い!!
(もしかしたら、鯛より高いかも…)

スーパーで陳列されているのを見ると、一瞬戸惑ってしまいそうになってしまう…。

しかし、年に一度の土用の丑の日」なので、奮発して貰いました♪

一匹を四等分して、二人で二切ずつ「うな丼」スタイルで頂きました♪

fc2blog_2020072209455835b.jpg

頭が付いた関西スタイルで売られていただったのだけど、「半助」はそのまま処分してしまいました…。
(半助」とは、の蒲焼を作ったときに切り落とした「の頭」の部分のことである。 「半助」は元々50銭のこと(1円を「円」と呼ぶことがあり、その半分であることから)。 大阪で食べられた「半助鍋」を指す語でもあり、半助と焼き豆腐または木綿豆腐と葱などを、酒、醤油、砂糖、味醂で味をつけた汁で煮込む)

「頭の食べ方が何かあったはず~」と頭の中にあったのだけど、思い出せなかった…(;^ω^)

煮込んだだしは美味しそうなのに、非常に勿体ない事をしてしまった気がします…。

スーパーで3,000円だったから、専門店で買ったならばもっと高価なのだろうか?

もし〇年後に鰻が食べられなくなってしまうのであれば、それまでに一度は専門店で贅沢に食べてみたいと思います。
関連記事