昨日も何時もの様に、アーサーを保育園へお迎えに行ってきた。

教室に入ると先生が俺を見つけてくれて、「アーサー君お迎えが来ました~」という声がして、その十数秒後にアーサーが俺の方に駆け寄ってきた。その後ろにクラスの先生がついてきたのだが、開口一番

「お父さん、すみませ~ん。」

と言われた。

「またアーサーが何かしらやらかしてケガをしたのかな?」と思っていたら、

「ジャングルジムで遊んでいる最中に、お友達に耳を嚙まれまして~」

と言われたのを聞いて、スグに耳を見てみたら

20210119112151879.jpeg

耳たぶの辺りが赤くなっていた…( ゚Д゚)

先生からは、「危ない!!と思って止めに入ろうとしたら、カプっと…」説明を受け「あらら…」と返したのだけど、意外な場所を噛まれた事についつい笑ってしまった…。

これまで、「手や足を擦りむいた」とか「転んだ」とかは何度かあったけれど、「噛まれた」というのは本当に数えるくらいしかなく、ましてや噛まれた場所が耳!!恐らく隣にいた子が振り向いたと拍子にカプっと噛んでしまったのかもしれないけれど、その意外な場所を噛まれた事についつい笑ってしまった。

噛んでしまったのが男の子なのか女の子なのかは分からないけれど、

「耳たぶを噛まれるのなんて、18年程早いんじゃないか?」

とツッコミを入れてしまいました…(オイ

一晩明けて傷口も異常なかったので一安心しています。


関連記事